シミのお話

ぽかぽか陽気が気持ちいい季節になりました!

同時に紫外線が気になる季節でもあります。皆さんのシミ対策は万全ですか??

シミができる仕組み

シミが出来やすいお肌、シミが出来にくいお肌の違いは持っているお肌の色素のバランスにより異なります。

色素は大きく分けて白っぽいフェオメラニンと黒っぽいユーメラニンがあります。
ユーメラニン色素が多いお肌質は、黒くシミが出来やすいタイプです

シミの原因とされるメラニンは、身体にとって有害な刺激から細胞を守るための防衛細胞としての働きをもっています。メラニンは何かと嫌われますが、生体にとっては重要な存在なのです。

メラニンが黒化するということは身体が守られてるということにもなります。
通常は表皮のタンオーバーによって角質とともに垢として排出されますが加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因にも影響を受けます。繰り返しメラニンを作りなさいと命令が続き、その命令を記億することでメラニンを作り続けてしまいます。

★シミと紫外線

紫外線から身体を守るためにメラニンは働きますが、強い紫外線に当たったり、(UVA)長時間紫外線に当たったりするのもシミの原因になります。

★シミとホルモン

ホルモンの中でも女性ホルモンの影響が大きいです。特に生理前に分泌量が増える
黄体ホルモンは刺激から細胞を守ろうとするためメラニンが増えシミが出来やすくなります
妊娠時にできる妊娠性肝斑が代表的なしみです

★シミと活性酸素

私たちが呼吸をし酸素を取り入れて生きるためのエネルギー代謝の過程で、わずかながら活性酸素が発生します。その他に炎症・ストレスによっても大量の活性酸素が発生します。

この活性酸素はメラニン形成細胞に対して、メラニンを作るように情報を送る伝達物質としてシミの原因になります。

★シミと糖化

糖化とは体内にあるタンパク質と食事によって摂取した糖が結びついて生じる老化現象です。コラーゲンを硬くしたり黄ぐすみを作る原因になります。

糖化は酸化を進行させるシミの悪化につながるので、摂取する糖には要注意ですね。

★シミとストレス

精神的ストレスが反復したり継続すると脳にも強いストレスとして伝わります。このストレスが副腎皮質刺激ホルモンの分泌のきっかけになり、最終的に腎臓の上にある副腎から副腎皮質ホルモンが分泌されます。このホルモンがメラニンの生成を促進させます。
強いストレスが続くと2~3か月後にシミが増えるケースが多くあります

★シミと炎症

炎症を伴ったかぶれ・ケガはメラニン形成細胞を刺激してメラニン生成を促します

シミを作りにくい体を目指す

シミに影響を及ぼす原因は沢山ありますが、ご自身でできるところから、少しずつでもチャレンジしてみはいかかですか?

日々の努力を積み重ねれば、きっとお肌は答えてくれるはずです(*^^*)